バスケットボールの「Lドリブル(ポケットドリブル)」とは?意味をわかりやすく解説

バスケットボールの「Lドリブル(ポケットドリブル)」とは?意味をわかりやすく解説

Lドリブル(ポケットドリブル)とは

バスケットボールの「Lドリブル(ポケットドリブル)」とは、オフェンスプレーヤーが相手のディフェンスを交わすための重要なテクニックの一つです。

具体的には、ボールハンドラーがボールを後ろに回してから、反対の手でボールを受け取り、直角に方向を変えて進むドリブルのことを指します。

この動きが「L字」形状に見えることから、「Lドリブル」の名前が付けられました。

また、ポケットとは、相手のディフェンスと自身の身体の間に作られる空間のことを指し、この空間を効果的に利用するためにLドリブルが用いられます。

ボールを保持しながらの速度変化や方向転換を可能にし、対戦相手を予測不能にするため、Lドリブルは非常に高いスキルを要求されます。

このテクニックを習得することで、攻撃者はディフェンダーを自由に操り、得点機会を創出することが可能となります。

さらに、Lドリブルはピックアンドロールと組み合わせることで、より複雑で予測しにくいプレーを展開することが可能です。

最終的に、Lドリブルはゲームのパースペクティブから見て、高度なテクニックであり、選手が次のレベルに進むための重要なスキルです。

バスケットボールのルールの関連記事

HOT TOPICS

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。