バスケットボールの「インサイドアウト」とは?意味をわかりやすく解説

バスケットボールの「インサイドアウト」とは?意味をわかりやすく解説

インサイドアウトとは

バスケットボールの「インサイドアウト」とは、オフェンスの戦略的な動きの一つであり、初めにボールをペイントエリア(ゴール近くの区域)に入れてから、外側の選手にパスするというプレイスタイルを指します。

この戦略は、ディフェンスを中央に引きつけることで、パーセプター(ボールを受け取る選手)が3ポイントラインの外側にスペースを作る機会を創出します。

インサイドアウトは、シュートの選択肢を増やすだけでなく、ディフェンスの選手が外側に移動しなければならないため、彼らに追加の身体的な負担を強いることもできます。

一方、インサイドプレイヤー(ペイントエリアでプレイする選手)がディフェンスから2対1や3対1の囲いを受けると、その時点で外側の選手にパスを出し、オープンスペースでのシュートチャンスを作り出します。

このように、インサイドアウトのプレイは、オフェンスにダイナミズムと変則性をもたらし、ディフェンスを予測困難な状況に置くという強力な戦略です。

バスケットボールのルールの関連記事

HOT TOPICS

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。