バスケットボールの「イリーガルスクリーン」とは?意味をわかりやすく解説

バスケットボールの「イリーガルスクリーン」とは?意味をわかりやすく解説

イリーガルスクリーンとは

バスケットボールの「イリーガルスクリーン」とは、正しくない方法で行われるスクリーン(画面)の設置を指す用語です。

スクリーンとは、攻撃側のプレーヤーが自身の体を使って、相手ディフェンダーの動きを妨げ、味方の攻撃を有利に進めるためのテクニックです。

しかし、全てのスクリーンが許可されるわけではありません。適切なスクリーン設置のためには一定のルールがあります。

そのルールを破ると「イリーガルスクリーン」になり、これは反則として扱われます。

具体的には、スクリーンを設置する選手が足を自身の肩幅より広く開いていたり、相手選手に対して突然動いて衝突を引き起こした場合、それはイリーガルスクリーンと判断されます。

このイリーガルスクリーンは、ディフェンダーに対する不公平な妨害とされ、通常はパーソナルファウルとして記録されます。

そして、これがチームファウルに数えられ、一定数を超えると相手チームにフリースローの機会が与えられます。

バスケットボールは公正な競争が求められるスポーツであるため、イリーガルスクリーンのようなルール違反は厳しく制裁されます。

バスケットボールのルールの関連記事

HOT TOPICS

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。