【スラムダンク】三井寿の名言まとめ!マニアックな台詞にも注目?

【スラムダンク】三井寿の名言まとめ!マニアックな台詞にも注目?

スラムダンクの主要人物、三井寿の名言をまとめて掲載します。

「スラムダンク」はバスケ漫画としてだけでなく、スポーツ漫画史にも残る金字塔を打ち立てた最高傑作です。

人気の理由はワクワクするような試合展開だけでなく、主要人物それぞれの名言やバックストーリーなどどれも魅力的です。

中でも主人公を擁する湘北高校の3年生、「三井寿」は作中屈指の人気キャラクターで、記憶に残る名言も沢山残しています。

そんな心に響くような三井の名言、どんなものがあるでしょうか?誰もが知る名言からマニアックなものまで覗いてみましょう。

三井寿の名言①「安西先生、バスケがしたいです」

三井 寿の名言と言えばこれ!名言だらけのスラムダンクの中でも定番の名台詞として有名です。

スラムダンクを未読でも、ご存知の方は多いのではないでしょうか?

名言の背景「バスケ部を潰しに来た三井」

三井は中学時代までスタープレイヤーでしたが、ケガでグレてしまいバスケ部を逆恨みしていました。

その私怨からバスケ部を潰そうと、不良仲間を引き連れて体育館に乱入した時にこの名言が出ました。

不良仲間は(暴力問題を恐れて)無抵抗の湘北選手たちを一方的に殴りつけるものの、反撃を決めた桜木花道や宮城リョータ達に一瞬で返り討ちにされてしまいます。

⇒スラムダンク桜木花道のバッシュをご紹介!あの超有名選手も愛用?

⇒スラムダンク宮城リョータのバッシュを解説!同じカラーの入手は可能?

名言が出るとは思えない漫画史に残るほどカッコ悪いシーンだったんですが、最後に残っていた三井の前に安西先生が現れます。

それまでは散々バスケ部を憎む台詞を吐き出していましたが、体育館に訪れた安西先生を見て態度を一転。号泣して膝をついて「安西先生、バスケがしたいです。」と、本当は自分もバスケ部に戻りたかったことを告白しました。

湘北スタメン5人が揃ったこの名台詞と名シーン、あまりに有名ですね。

誰よりも安西先生を尊敬していた三井

元々、尊敬する安西先生の下でバスケをするために湘北高校に入学を決めていました。

湘北バスケ部員は桜木含め全員が安西先生に敬意を抱いているのですが、三井の場合は崇拝の域。安西先生が倒れ欠席した陵南高校戦では……。

「先生がいないと落ちつかない」と、

ベンチに写真を置く(まるで遺影!)など狂信的で、流石に縁起でもないとツッコまれていたのも印象的でしたね。

⇒スラムダンク安西先生の名言まとめ

三井寿の名言②「こういう展開こそ、オレは燃える奴だったはずだ!」

三井名言2つ目は、県予選の翔陽戦で発した台詞です。

相手チームは全国区の強豪校である翔陽高校で、ディフェンス能力も高くこれまでの試合のようにはいきません。

元々ブランクのある三井はスタミナ勝負に弱く、攻めに転じようにも翔陽3年の長谷川に阻まれ、思うように実力が出せず体力切れを起こし始めました。

名言の背景「長谷川との対決」

翔陽の長谷川は中学時代、手も足もでなかった三井に憧れていたようでした。

長谷川は不良時代の三井を見たことがあり「こんなやつには負けない」と対抗意識を燃やしていました。逆にブランクに苦しみ、「これが中学スーパースターの姿か」と過去の栄光との差に戸惑います。

しかし交代させず、信頼の目を向ける安西先生。三井は立ち上がって、かつて中学時代も同じ苦境で輝いてきたことを思い出します。

「こういう展開こそ、オレは燃える奴だったはずだ!」

完全に吹っ切れたわけではありませんが、三井は栄光とのギャップを跳ねのけ、今度は守る長谷川を破り得点を重ねることに成功。湘北の勝利に貢献しました。

三井寿の名言③「俺はなんであんな無駄な時間を」

続いて紹介する三井の名言は、「俺はなんであんな無駄な時間を」です。

これはインターハイ出場をかけた県予選の決戦、陵南高校戦の途中で出た名言になります。

名言の背景「試合途中、後悔を感じる三井」

三井のブランクが最も感じられたのは上述でも少し触れた陵南戦。

翔陽戦と同じくブランクによるスタミナ不足で試合中に倒れてしまい、ベンチ裏で後輩に心配されるほど消耗してしまいます。

あまりの不甲斐なさから脳裏に過るグレてきた2年間。それを思い出して飛び出した名言が「俺はなんであんな無駄な時間を」ということになります。

バスケから離れた2年間という三井の後悔と、過去の自分と今の自分を比べて出る悔しいほどの劣等感。

この時は試合中にあったワンシーンでしかありませんが、後々この時の悔しさをバネに、三井は更なる前進を遂げます。

過去の呪縛から解かれた山王戦

三井は上2つの台詞のように「後悔」と「過去の栄光」に囚われているシーンが作中通して目立っていました。

しかしその後、作中最強の相手である山王戦で安西先生に「今の君は、あの頃をとっくに越えている」と言われます。

劣等感を感じつつも腐らず諦めずに挑み続けた三井寿。その成長は「過去の栄光」を遥かに凌駕し、湘北というチームの一大戦力として躍動し続けました。

三井ファンにとっては感動すら覚える名シーンです。

三井寿の名言④「この音がオレを蘇らせる、何度でもよ」

三井寿の名言4つ目は、「静かにしろい……この音がオレを蘇らせる、何度でもよ」です。

この言葉はインターハイの2回戦、作中では最強の対戦相手となった山王工業戦の試合途中に出た名言となっています。

名言の背景「最強・山王との戦い」

ブランクによるスタミナ不足という弱点は、作中最強の対戦相手である山王戦でも大きな壁となって立ちふさがります。

三井の武器は3Pシュートで、ディフェンスに隙があればポンポンと得点を稼ぐまさに「湘北とびっきりの飛び道具」です。

しかしディフェンスが固いチーム相手だとスタミナ勝負となりがちで、スタミナの少ない三井にとっては極めて不利と言えるでしょう。

山王戦後半ではスタミナをガタガタに削られ、「もう腕が上がらない」という極限まで追い詰められます。

山王の松本はそんな三井を見て油断しますが、三井にパスが来ると蘇ったようにシュートを決めました。

その際に発した台詞が、「この音がオレを蘇らせる、何度でもよ」です。

三井が弱気な発言をした直後にパスを出した流川の「そんなタマじゃねーよな」という信頼と、それに応えて限界を越えて躍動する三井の名シーン。一瞬のシーンのはずが、本当に痺れます。

⇒スラムダンク流川楓のバッシュをご紹介!

三井寿の名言⑤「おう、オレは三井。諦めの悪い男」

続いて紹介するのは同じく山王戦の後半、同じく三井のマークについていた松本に対して発した言葉です。

名言の背景「意識も殆どない三井だが……」

先ほど名言以降で復活して以降も三井は戦い続け、いよいよスタミナは限界を突破し、もはや立っているのがやっとという状態で

「オレの名前を言ってみろ...…! オレは誰なんだよ」

と、うわごとをつぶやいていました。

突然言われたらめちゃくちゃ怖いですが、松本が若干引きながら「三井」と返すと、「おう、オレは三井。諦めの悪い男」という名言と共に、シュートを決めます。

名言として前述で取り上げた「この音がオレを蘇らせる……」の時は、まだ少し余裕があったのか優しい表情でしたが、この台詞の時は鬼の形相。

松本に対してあたかも獲物を見るように睨んでいます。

ボロボロにも関わらず威圧感は増し、最強の敵相手に結果を残す三井寿。本当にカッコいい場面です。

よく読まれているスラムダンクの関連記事

HOT TOPICS

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。