【スラムダンク】安西先生の名言まとめ

【スラムダンク】安西先生の名言まとめ

スラムダンク、安西先生の名言・名セリフをご紹介します!

スラムダンクの安西先生といえば、主人公・桜木花道を擁する湘北高校バスケ部の監督です。

あだ名は白髪仏(ホワイトヘアードブッダ)と呼ばれるほど寛容で温厚な人物ながら、試合になると他校監督も警戒する「勝負師」で、立場は違えどバスケにかける情熱も選手と変わりません。

そんな安西先生の名言・名台詞。どれも心に刺さる台詞ばかりで、作中物凄い数が登場します。明日にも使えそうな名言の数々、ぜひ覗いてみてください!

安西先生の名言①「最後まで希望を捨てちゃいかん あきらめたらそこで試合終了だよ」

安西先生の名言として、スラムダンクファンの方なら一番最初に思いつくのはこの台詞ではないでしょうか?

「あきらめたらそこで試合終了だよ」は作中で2回登場しており、1回目は中学時代の三井寿(現・湘北高校3年)にかけた激励に近い言葉が初出です。

⇒スラムダンク三井寿の名言まとめ!マニアックな台詞にも注目?

どんな危機的な状況でも最後まで諦めずに勝負するのが安西先生のバスケットです。実際に安西先生は、作中の試合で一度もあきらめた瞬間はありません。

2回目の発言は山王工業戦です。圧倒的な王者を相手にしてまったく得点できない湘北高校。ここぞという時、桜木はベンチに下げられます。

絶望的な状況からの采配に「試合をあきらめたのか」と思った桜木ですが、「あきらめたらそこで試合終了ですよ」と桜木に語りました。

どんなに格上が相手でも、試合に勝つための前提は「あきらめないこと」。どのスポーツにも通じることで、まさにスラムダンクに限らずスポーツ漫画中の名言と言えるでしょう。

安西先生の名言②「下手くその 上級者への 道のりは己が下手さを 知りて一歩目」

続いて紹介する安西先生の名言は、桜木花道が県予選からインターハイまでの期間、特訓をする直前に読んだ川柳です。

桜木花道は身体能力が抜群とはいえ、バスケはあくまで初心者。全国レベルの選手を相手にするにはリスクが大きく、少しでも改善するため「シュート2万本」という厳しいノルマが課されます。

その際、特訓に挑む桜木へのヒントとしてこの名言を残しました。

自分が成長するためには新しい技術を身につけるのも重要ですが、まずは問題の改善が優先されます。自身の何が課題なのか、それを知ることで桜木の成長を促しました。

当の桜木は言葉の意味をよく理解していませんでしたが、特訓中自ら改善点を安西先生に聞いたり、見つけようとするなど今までにない行動を取ります。飛躍的な成長を感じさせるシーンです。

⇒スラムダンク桜木花道のバッシュをご紹介!あの超有名選手も愛用?

安西先生の名言③「技術も…気力も…体力も…全てをこのコートにおいてこよう」

スラムダンク作中で最も熱く、最も面白い試合と言えば、やはり多くの人が山王工業戦を推すと思います。

圧倒的な格上の高校相手にも関わらず、なんとリードして前半を終えた湘北高校。ただし本当に困難な戦いはこれからで、持てるすべてを使って勝とうと選手たちの背中を押しました。

その時の言葉が、「技術も…気力も…体力も…持てるもの全て…全てをこのコートにおいてこよう」です。事実、この後は真の力を出した山王工業との絶望的な実力差に苦しみます。

安西先生はこの言葉の前に「前半はいい出来だった。そして忘れよう」と前置きします。

今は勝っているように思えるが、相手は山王。このまま終わるような相手ではなく、後半戦から湘北高校は圧倒的な実力差を思い知ることとなります。

「全てを駆使して戦おう、勝つためにはそうするしかない」と言わんばかりの、安西先生の指示。これから起こる激戦を思い起こさせるような名言と言えるでしょう。

安西先生の名言③「断固たる決意が必要なんだ!」

安西先生の名言、三つ目に紹介するのは「断固たる決意が必要なんだ!」です。

こちらもファンの間では有名なセリフで、作中最強の対戦相手である山王工業戦に挑む前夜、山王工業戦のビデオを見た後に湘北の選手たちにかけた言葉です。

普段、常に落ち着いている安西先生ですが、山王工業戦ともなれば話は別。今まで通りの戦い方では勝てる相手ではないし、正直まったく力は及ばない、とも思っている様子でした。

しかし全国制覇のために立ちはだかる目の前の強敵。「経験の差」も違うし、会場の誰しも「王者・山王を応援する」ので観客すらも敵になります。圧倒的に不利な状況です。

それでも勝ちたい、全国制覇を目指したい。そんな湘北メンバーにかけたのが「何が起こっても揺らぐことない、断固たる決意が必要なんだ!!」です。

普段は物腰も穏やかな安西先生が放つ、力のこもった言葉。今度の相手は本当に只者じゃない、そう思わせる名言です。

安西先生の名言④「指導者失格です。あと少しで一生後悔するところでした」

続いて紹介する安西先生の名言は、これも同じく山王工業戦で残した台詞です。

試合は後半、これまでになく活躍し、チームの救世主となっている桜木花道。最初は桜木をただの素人として見ていた山王工業も、徐々に実力を認め始めます。

上述の「あきらめたら試合終了」の言葉から、桜木は「勝つため」に激しいプレーを連続します。その結果、なんと背中を痛め満足にプレーできない状態となりました。

安西先生は、実は桜木と流川のことを「最高の逸材」と評価していました。

⇒スラムダンク流川楓のバッシュをご紹介!

猛スピードで成長する桜木。ケガによる異変に気付いても、安西先生はそんな桜木を見ていたかったと語ります。

「白状します。君の異変にはすぐに気づいていた。きづいていながら君を代えなかった。代えたくなかった。どんどんよくなる君のプレイを見ていたかったからだ。」

満足に動けなくなるようなケガをしてしまった桜木。安西先生は異変に気付きつつも、桜木のプレーが見たくて代えたくなかったと白状します。続いて出た言葉が。

「指導者失格です。あと少しで一生後悔するところでした」です。

逸材の活躍する場面がみたいという自身の我儘。しかし、その結果は桜木の選手生命にまで及びます。

自身を「指導者失格」と悔やむ安西先生。今まで見たことがない安西先生の一面や悔やむ言葉は、この直後にあるスラムダンク屈指の名シーンに繋がります。

名言の後に続く屈指の名シーン

自身の采配を悔やんで桜木をベンチに下げる安西先生。激しい痛みでボロボロの桜木ですが、「俺が出る」という姿勢を崩しませんでした。

桜木は安西先生に言います。

「オヤジの栄光の時代はいつだ? 全日本の時か? オレは、オレは今なんだよ」

桜木の負傷は選手生命に関わる重大なケガ。今後を考えるととても試合どころではありません。しかし桜木は「今が俺の栄光の時」とすべてをこの試合に出し切る覚悟を見せました。

結果として、苦しみながらも桜木は試合終了まで活躍。ブザーと同時にシュートが決まり、山王工業戦を勝利に導きます。

試合前に安西先生が語った「断固たる決意」でしたが、その答えを桜木は「選手生命を賭けてでも戦う覚悟」として理解した瞬間です。スラムダンク屈指の名シーン、涙なしに見れません。

安西先生の名言⑥「チームのためにお前があるんじゃねぇ」

続いての名言は、心に残るというよりはとても印象的だったと言える名台詞です。

今でこそ優しい指導者というイメージが基本の安西先生ですが、大学で指導者をしていた際は今と真逆、「白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)」というあだ名で呼ばれていました。

デビルの名前通り、その指導方針は厳しく徹底したスパルタ指導。当時の教え子だった谷沢はその才能を見込まれた選手で、安西先生もつい指導に熱が入ります。

谷沢はその恵まれた才能を持ちつつも、どうにもチームを鑑みず才能だけを頼るようなバスケをしていました。これを見た安西先生は谷沢を呼び出し、こう嗜めます。

「お前、なにか勘違いしとらんか?お前のためにチームがあるんじゃねぇ。チームのためにお前がいるんだ」

谷沢の才能は本物ですが、1人よがりなバスケを安西先生は認めません。自身の実力を上げたいがために基礎を疎かにし、チームプレイを優先しない谷沢にキツく当たります。

まだ谷沢のことを「素材」の段階だと思っていた安西先生。厳しいながらも最高の選手に育てるための指導と言えるでしょう。

谷沢はその意図を理解せず、厳しい指導を嫌って単身渡米。しかし留学先でもスタンドプレーを優先したため全く成長せず、チームメイトからも疎まれパスも出させて貰えませんでした。

その後、自暴自棄になった谷沢は事故で亡くなり、安西先生の心の中に深い後悔を残しました。結果、安西先生の指導が現在の形になったターニングポイントとなっています。

一瞬だけ復活するデビル

すっかり「ブッダ」として温厚な指導者になった安西先生ですが、山王工業戦で聞き分けのない桜木に対して一度だけ「デビル」の姿を復活させたことがあります。

その際は髪が逆立ち、凄まじい形相で桜木を黙らせます。あまりの変貌に、桜木は見間違いかと二度見していました。

安西先生の名言⑦「お前を越える逸材がここにいるのだ」

安西先生の名言、ここまでの名言の中でもファンの心に残った屈指の名言をご紹介します。

この言葉はまたまた山王工業戦。成長を続け山王工業が警戒するほどのプレーを見せる桜木を指して、天国の谷沢に向けて言った言葉です。

「見てるか谷沢、お前を越える逸材がここにいるのだ」

という名言。前述の「最高の選手」として育てるつもりだった谷沢ですが、実は桜木のことを「谷沢を越える逸材」と評価していたことが初めてわかります。

それまでの安西先生のセリフからは、桜木のことをどう評価していたのか確証はありませんでした。個人特訓を申しつけたり、練習風景を見ていたりはありましたが……。

実は桜木の才能を誰よりも評価し、その成長を大事に見守っていたのは外ならぬ安西先生でした。なお、安西先生は続けてこう発言します。

「しかも、2人同時にだ。」

この「もう一人」とは、桜木のチーム内ライバルである流川を指します。流川もまた天才バスケットマンというキャラ付けでしたが、こちらも動揺に谷沢以上の素材として見ていたようです。

作中最強の一角、河田(兄)ですら脅威と思う桜木花道の人間離れした運動能力を持つ桜木。そしてそれに気付き、感情を抑えきれず頭をかき、体を震わせる安西先生。

安西先生の心の奥に闇として残る、あの谷沢を越える存在。安西先生の中で止まっていた時間が、再び動き出した瞬間と言えるでしょう。

安西先生が表紙のスラムダンク(SLAM DUNK)第7巻の購入はこちら

スラムダンクの関連記事

スラムダンクファン選ぶ隠れた名シーン・迷シーンまとめ
スラムダンクファン選ぶ隠れた名シーン・迷シーンまとめ
スラムダンクのモデルとなった高校は実在する!?
スラムダンクのモデルとなった高校は実在する!?
【スラムダンク】安西先生の名言まとめ
【スラムダンク】安西先生の名言まとめ
スラムダンクの聖地はどこ?湘南エリアの海岸・踏切まで徹底紹介
スラムダンクの聖地はどこ?湘南エリアの海岸・踏切まで徹底紹介
【スラムダンク】三井寿の名言まとめ!マニアックな台詞にも注目
【スラムダンク】三井寿の名言まとめ!マニアックな台詞にも注目
【スラムダンク】桜木花道のバッシュをご紹介!あの超有名選手も愛用
【スラムダンク】桜木花道のバッシュをご紹介!あの超有名選手も愛用
【スラムダンク】人気キャラ8人の特徴や活躍を解説
【スラムダンク】人気キャラ8人の特徴や活躍を解説
【スラムダンク】仙道彰の名言まとめ|作中最強キャラの名台詞とは?
【スラムダンク】仙道彰の名言まとめ|作中最強キャラの名台詞とは?
【スラムダンク】流川楓のバッシュをご紹介
【スラムダンク】流川楓のバッシュをご紹介
スラムダンクのテーマソング集!アルバムの曲名や主題歌を紹介
スラムダンクのテーマソング集!アルバムの曲名や主題歌を紹介
映画版スラムダンクの声優発表!主題歌や総入れ替えの噂などについて
映画版スラムダンクの声優発表!主題歌や総入れ替えの噂などについて
スラムダンクの登場人物の身長トップ3!上位は意外な人物!
スラムダンクの登場人物の身長トップ3!上位は意外な人物!
https://basketballprs.com/blogs/bball-magazine/slamdunk-model-character
【スラムダンク】人気キャラの実在モデルとは?NBAレジェンドをご紹介

HOT TOPICS

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。