バスケットボールのシュートの種類について

バスケットボールのシュートの種類について

バスケットボールのシュートの種類8選

シュートの種類は非常に多いので、覚えておくと役に立つ基本的なシュートを8つ厳選しました。

  1. ジャンプシュート
  2. ジャンピングシュート
  3. フェイダウェイシュート
  4. ターンアラウンドショット
  5. バンクシュート
  6. レイアップシュート
  7. フックシュート
  8. スリーポイントシュート

上記のシュートについて簡単に紹介していきます。

ジャンプシュート

ジャンプシュートとは、ジャンプの最高到達点でボールをリリースするシュートの事です。

打点が高くなるので、ディフェンスにブロックされにくいメリットがあります。

⇒ディフェンスの種類を確認する

しかし、リリースまで時間がかかる上に飛距離が出にくいシュートなので、ブロックされやすいという真逆の意見もあります。

ジャンピングシュート

ジャンピングシュートとは、ジャンプをしながら打つシュートの事です。

ジャンプシュートより距離が出やすいので、スリーポイントシュートやミドルからのシュートによく使われています。

フェイダウェイシュート

フェイダウェイシュートとは、後ろに飛びながら打つシュートの事です。

後ろに飛びながらシュートを打つ事によって、ディフェンスにブロックされにくくなるメリットがあります。

フェイダウェイシュートに特別なスキルは必要ないので、身体能力があまり高くない人でも使いこなせるようになります。

ターンアラウンドショット

ターンアラウンドシュートとは、ディフェンスとリングを背に向けた状態で、軸足を中心に回転してリングのほうに体を向けて打つシュートの事です。

センターやパワーフォワードなど、インサイドプレイヤーがローポスト付近でこのシュートを打つ機会が多いです。

バンクシュート

バンクシュートとは、リングの後ろにあるバックボードに当てて狙うシュートの事です。

ボールの勢いを調整しやすく、難しい位置からのシュートでも成功率が高くなります。

しかし、アウトサイドからのシュートになればなるほど、バックボードから強く弾かれてしまいます。

上記の事から、ゴール下やミドルレンジに適しているシュートです。

レイアップシュート

レイアップシュートとは、ドリブルしながらゴール下で打つシュートの事です。

⇒ドリブルの種類を確認する

基本的なシュートですが、「基本的なレイアップ」と「応用編のレイアップ」を身に付ける事で、得点力が高い選手になれるでしょう。

【基本的なレイアップ】

  • アンダーハンドレイアップシュート
  • オーバーハンドレイアップシュート
  • パワーレイアップシュート

【応用編のレイアップ】

  • レイバックシュート
  • ギャロップステップシュート
  • スクープシュート
  • フィンガーロール
  • ダブルクラッチ

利き手側のレイアップしか出来ないと、プレーの選択肢が狭まってしまうので、両手で出来るように練習しましょう。

フックシュート

フックシュートとは、ディフェンスから距離が遠い方の片手にボールを乗せて、そのまま打つシュートの事です。

片腕でディフェンス出来る、ブロックが届きにくい、などのメリットはありますが、難易度が非常に高く取り入れている人は少ないです。

フックシュートは以下4種類に分類されています。

  • ランニングフックシュート
  • ジャンピングフックシュート
  • スカイフックシュート
  • ベビーフックシュート

フックシュートを試してみたい場合は、上記のフックシュートもチェックしておきましょう。

スリーポイントシュート

スリーポイントシュートとは、スリーポイントラインより外から打たれたシュートの事です。

※スリーポイントライン
リングから6.75m離れた楕円形ライン

1本のシュートで3点入る唯一の方法なので、スリーポイントの成功率が試合の勝ち負けに直結する場合があります。

覚えておきたいバスケットボールの基本情報

HOT TOPICS

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。