バスケットボールのマンツーマンディフェンスについて

バスケットボールのマンツーマンディフェンスについて

マンツーマンディフェンスとは?

マンツーマンディフェンスとは、オフェンス1人に対しディフェンス1人で守る戦術の事です。

【メリット】

  • 難しい戦術ではない
  • 1人に集中してディフェンス出来る
  • 失点の責任が明確になる修正しやすい
  • 相手の能力に合わせて選手を配置出来る

【デメリット】

  • 体力の消耗が激しい
  • 相手チームと能力差があると厳しい
  • マークを抜かれると守備にズレが生じる
  • スクリーンをかけられた時の対処が難しい

そしてマンツーマンディフェンスは、以下2つに分類出来ます。

  1. ハーフコートマンツーマンディフェンス
  2. オールコートマンツーマンディフェンス

上記の違いについても簡単に解説していきます。

ハーフコートマンツーマンディフェンス

ハーフコートマンツーマンディフェンスとは、ハーフラインを超えたら仕掛けるマンツーマンディフェンスの事です。

ハーフラインでピックアップするには、自チームのオフェンスが終わり次第バックコート(自陣側)に戻り、相手を待ち構える必要があります。

※ピックアップとは?
マークするプレイヤーを見つける事

ハーフコートマンツーマンディフェンスのメリットは、以下の通りです。

  • オールコートより体力が消耗しにくい
  • システムがわかりやすい
  • 自由にマークする相手を変えられる
  • オールコートよりディフェンスしやすい
  • バックコートバイオレーションを狙いやすい

※バックコートバイオレーションとは?
ボールがフロントコートに運ばれたらバックコートに戻せないルールの事

⇒ファウルや反則について

多くのチームがオールコートマンツーマンディフェンスではなく、ハーフコートマンツーマンディフェンスを取り入れている傾向があります。

オールコートマンツーマンディフェンス

オールコートマンツーマンディフェンスとは、自チームのオフェンスが終了した時点で仕掛けるマンツーマンディフェンスの事です。

オフェンスにとって嫌なディフェンスなので、うまく機能すれば大量得点に繋がります。

オールコートマンツーマンディフェンスの特徴は、以下の通りです。

【メリット】

  • 8秒ルールのオーバータイムを狙える
  • インターセプトを狙いやすい
  • 相手にプレッシャーを掛けられる
  • オフェンスにゆっくり攻めさせない
  • 短時間で点数を取りやすい

【デメリット】

  • ファールトラブルになりやすい
  • 体力の消耗が大きい
  • 失点のリスクが高くなる
  • 1人抜かれるズレが生じる
  • 1対1が強くないチームは向いていない

オールコートでマンツーマンディフェンスを行うので、ハーフコートと比較すると体力消耗が非常に激しいです。

どこで仕掛けるかが重要になってくるので、日々のトレーニングで体力強化をしつつ、戦術もしっかり練るようにしましょう。

⇒バスケットボールに必要な筋肉について

覚えておきたいバスケットボールの基本情報

HOT TOPICS

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。