バスケットボールのドリブルの種類

バスケットボールのドリブルの種類

バスケットボールのドリブルの種類7選

考え方によって少し異なりますが、バスケットボールの基本的なドリブルは7種類あります。

  1. フロントチェンジ
  2. ロールターン
  3. レッグスルー
  4. インサイドアウト
  5. バックチェンジ
  6. チェンジオブペース
  7. シュートヘジテイション

上記のドリブルについて簡単に紹介していきます。

⇒ドリブルのルールを先に確認する

フロントチェンジ

フロントチェンジとは、体の目の前で持ち替えてボールを左右に動かすドリブルの事です。

右手から左手、左手から右手、と両手を使う必要があり、ドリブルテクニックの中で最も基本的な事であり、重要な技術と言えます。

フロントチェンジを習得していない場合、まずはフロントチェンジを完璧にしてから、他のドリブルに挑戦してみましょう。

ロールターン

ロールターンとは、背中で巻き込むよう体を回転させながら、ディフェンスを抜き去るドリブルの事です。

バックターンをする際、ゴールから目を離す事になるので、ターン後の状況把握が難しいです。

また、足腰や体幹がしっかりしていないと、安定したバックターンを行えません。

ロールターンを習得したい場合は、フロントチェンジでハンドリングを鍛えつつ、筋力トレーニングもしっかり行いましょう。

⇒バスケットボールに必要な筋肉について

レッグスルー

レッグスルーとは、股の下(足と足の間)を通すドリブルの事です。

フロントチェンジを股の下で行うとレッグスルーになるのですが、「体の前」から「股の下」になると難易度が跳ね上がります。

試合では少し使いづらいテクニックとされていますが、習得する事によってドリブルの幅が広がります。

フロントチェンジを完璧に行える場合、レッグスルーの練習もしておいた方が良いかもしれません。

インサイドアウト

インサイドアウトとは、ボールを内側から外側に移動させるドリブルの事です。

ペネトレイト(ディフェンスを抜く)時に有効なので、多くの方が取り入れているテクニックです。

⇒ディフェンスの種類を確認する

途中まではフロントチェンジと同じ動きですが、「手首を内側に返す」や「体のフェイント」などが必要となります。

バックチェンジ

バックチェンジとは、背中側でボールを入れ替えるドリブルの事です。

フロントチェンジを後ろで行うだけですが、難易度は少し上がります。

相手がスティールを狙っている時に使えるので、主にボール運びをするポイントガードは必須のテクニックです。

チェンジオブペース

チェンジオブペースとは、スピードに変化を付けて行うドリブルの事です。

  • スピードダウン→トップギア
  • 大きいドリブル→小さいドリブル
  • ドリブル→ストップ

チェンジオブペースはテクニックだけでなく、相手の重心の動きなどを見極める必要があります。

基礎と洞察力があって初めて活きるテクニックなので、練習からどんどん練習して少しずつ取り入れていきましょう。

シュートヘジテイション

シュートヘジテイションとは、ドリブルを維持したままシュートフェイクを行うテクニックです。

シュート動作に入ると相手は反応するので、この瞬間を見逃さずドリブルに切り替える事で、ディフェンスを抜きやすくなります。

NBAの選手もよく使っているので、動画をたくさん見てシュートヘジテイションのバリエーションを増やしていきましょう。

覚えておきたいバスケットボールの基本情報

HOT TOPICS

1件のコメント

とても分かりやすく参考になりました。

ひろ

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。