デビン・ブッカーの歴代バッシュ・シグネイチャーモデルを紹介 - バスケットボールプレス

デビン・ブッカーの歴代バッシュ5選!シグネチャーモデルはあるの?

NBAオールスターに連続出場中のフェニックス・サンズのデビン・ブッカー。
コービー・ブライアントがロールモデルと語っているブッカーは、NIKEと契約し、主に「Nike Kobe」シリーズを着用しています。

デビン・ブッカーのバッシュ「Nike Kobe 6 Protro」

2011年にリリースされた、コービー・ブライアント6作目のシグネイチャーモデル復刻版。

  • ミッドソールにはAir Zoom Turboを搭載。当時のモデルよりさらにパワーアップした反発性が特徴となっている。
  • アッパーはコービーのニックネーム「ブラックマンバ(毒蛇)」から、蛇のウロコのようなデザイン。

デビン・ブッカーのバッシュ「Nike Kobe 5 Protro」

2009年にリリースされた、コービー・ブライアント5作目のシグネイチャーモデル復刻版。

  • ミッドソールはクシュロン素材で、クッショニングはAir Zoom Turboを搭載。
  • アウトソールは心拍数をイメージしたパターン。
  • アッパーはインナーブーティーの構造で、Nike Skinwireが搭載されている。SkinwireはFlywireの改良版で、より素肌に近い素材にアップグレードさせたもの。

デビン・ブッカーのバッシュ「Nike Kobe 4 Protro」

2008年にリリースされた、コービー・ブライアント4作目のシグネイチャーモデル復刻版。

  • ミッドソールはファイロン素材で、クッショニングはNIKE ZOOM AIRを搭載。
  • アッパーはインナーブーティーの構造で、レザーを使用。高密度ナイロン繊維 Nike Flywireが搭載され、足をホールドする仕組みとなっている。

デビン・ブッカーのバッシュ「Nike Hyperdunk X low」

  • クッショニングはジャンプの衝撃吸収を次のステップの反発力に変えるZOOM AIR UNITを搭載。
  • アッパーはテキスタイル素材のインナーブーティー構造で、アッパーサイドにはNIKEのスウッシュロゴが入ったTPUパーツが搭載されている。

デビン・ブッカーのバッシュ「Nike Kyrie 1 Low 」

2014年にリリースされたカイリー・アービングのシグネイチャーモデル1作目「Nike Kyrie 1 」のローカットモデル。

  • ミッドソールはファイロン素材で、クッショニングはNIKE ZOOM AIRを搭載。
  • アッパーはインナーブーティー構造で、外側はテキスタイル素材。通気性と耐久性に優れたHyperfuse technologyが施されている。
  • 時には足の側面まで使ってオフェンスを仕掛けるカイリー・アービングの特徴を生かし、アッパーサイドまでせりあがったアウトソールが特徴となっている。

デビン・ブッカーのシグネチャーモデルは?

2022年現在、デビン・ブッカーのシグネチャーモデルはリリースされていません。
ただ、デビン・ブッカーはシグネチャーモデルをリリースしたプレーヤーと遜色ない活躍をしており、今後シグネチャーモデルを発表するプレイヤーの1人として大きく注目されているため、今後リリースされる可能性は十分にあります。

デビン・ブッカー以外のNBA選手バッシュ

HOT TOPICS

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。