バスケットボールのディフェンスの種類について

バスケットボールのディフェンスの種類について

バスケットボールのディフェンスの種類は3つある

バスケットボールのディフェンスを大きく分類すると、以下の3つになります。

  1. マンツーマンディフェンス
  2. ゾーンディフェンス
  3. ゾーンプレス

上記3つのディフェンスについて、1つずつ簡単に解説していきます。

マンツーマンディフェンス

マンツーマンディフェンスとは、1対1でマーク(マンマーク)を行う戦術の事です。

マークする相手を見てからマッチアップを決められるので、適した選手の配置が出来ます。

決められた相手のディフェンスを行うだけなので、特に難しい事はなく容易に取り入れる事が可能です。

しかし、相手チームとの能力差がありすぎると、全く対応出来ない可能性があります。

1人抜かれてしまうとフォローに入る必要があるので、守備にズレが生じ失点に繋がるかもしれません。

マンツーマンディフェンスは体力がないと成立しない戦術なので、良いパフォーマンスを発揮するには日々のトレーニングが重要です。

⇒バスケットボールに必要な筋肉を確認する

また、マンツーマンディフェンスの中でも、以下2つに分類されています。

  1. ハーフコートマンツーマンディフェンス
  2. オールコートマンツーマンディフェンス

1はセンターラインを超えたらマンツーマンを仕掛ける、2は自チームのオフェンスが終了した時点でマンツーマンを仕掛ける、という風に覚えておいてください。

⇒マンツーマンディフェンスの詳細はこちら

ゾーンディフェンス

ゾーンディフェンスとは、選手それぞれがハーフエリア内で決められた場所を守る戦術の事です。

人ではなくエリアを守るので、守備の穴が出来にくくバランス良く守れます。

また、1対1ではなく以下のような戦術で守るので、各選手の能力が低くても成立しやすい特徴があります。

  1. 2-3ゾーンディフェンス
  2. 2-1-2ゾーンディフェンス
  3. 3-2ゾーンディフェンス
  4. 1-2-2ゾーンディフェンス
  5. 1-3-1ゾーンディフェンス
  6. 1-1-3ゾーンディフェンス

しかし、エリア単位で守備範囲が決まってしまうので、マッチアップする相手を選べません。

身長や能力に差がある相手になった場合、そこから失点に繋がる恐れがあります。

また、エリアとエリアの対処が難しく、どちらが対応すべきか悩んでしまう方が多いです。

対戦相手や試合状況によってシステムを変更する必要があるので、マンツーマンディフェンスより難易度が高いディフェンスと言えるでしょう。

ゾーンディフェンスは上記6つのシステムだけではなく、マンツーマンディフェンスと組み合わせた以下のような戦術も存在します。

  • マッチアップゾーンディフェンス
  • ボックスワンゾーンディフェンス
  • トライアングルツーゾーンディフェンス

ゾーンディフェンスは非常に奥が深いので、もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

⇒ゾーンディフェンスの詳細はこちら

ゾーンプレス

ゾーンプレスとは、オールコートで行うゾーンディフェンスの事です。

ゾーンプレスとゾーンディフェンスの違いは、「ハーフコートで行う」か「オールコートで行う」かの違いでしかありません。

ゾーンディフェンスと同様に、ゾーンプレスにも戦術が存在します。

  1. 1−2−1−1ゾーンプレス
  2. 1−2−2ゾーンプレス
  3. 1−3−1ゾーンプレス
  4. 2−2−1ゾーンプレス

ハーフコートで行うゾーンディフェンスが難しいので、オールコートで行うゾーンプレスは難易度が非常に高くなります。

担当エリアが広いので抜かれると失点に繋がりやすい上に、体力の消耗も激しいです。

しかし難易度が高い分、ハマると試合の流れを変えられる可能性があります。

短時間で大量得点を狙えるので、ゾーンプレスに対する理解はしっかりと深めておきましょう。

⇒ゾーンプレスの詳細はこちら

覚えておきたいバスケットボールの基本情報

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。